三郷高校の取り組み

三郷高校の生徒指導

「三郷高校は、きめ細やかな生徒指導を行い、生徒が社会における常識やルール、マナーを身につけることができるようにします。」

1 生徒指導の基本
 ○ 三郷高校では、「生徒を一人前の社会人」とするべく指導を進めております。
 ○ 学力、体力はもとより、基本的な生活態度、マナーやルールを守ることの大切さを身をもって理解し身につけることが必要であるとして指導を進めております。
 ○ 具体的には、「時間」を守り、「あいさつ・マナー」を身につけ、「人とのコミュニケーション」がとれ、「責任」もって仕事ができることなどを中心として、指導を進めております。

2 最後の機会です
 大人になってしますと、社会は「遅刻、無断欠席、服装・頭髪、あいさつ」等、社会生活を送る上での必要な基本的なことを、厳しく教えてくれる機会はほとんどありません。もう、大人だから・・・当然知っているはずだ。そんなこともできない人は、「非常識な人」として評価(本人が気づかないうちに)されてしまいます。
 高校は、その基本的なことを学べる最後の機会であります。
 ですから、三郷高校では、「時間」、「服装」、「頭髪」、「あいさつ」、「日本語力」など、社会人(大人)なら誰もが、本当に必要な基本的なことを身につけさせること、それを大切な学習・指導項目の一つとして位置付けているのです。



ルール・マナーに関する生徒への指導例
※制服を正しく着用するよう指導しています。
※多くの人が誠実さや清潔感を感じるような、社会人として通用する頭髪にするよう指導しています。
※自転車を正しく運転・使用するよう指導しています。(並列運転・信号無視・かさ差し運転・二人乗り運転・無灯火運転などをしない、駐輪スペースに正しく駐輪するなど)
※携帯電話(スマートフォンも含む)を使用する上でのマナーを指導しています。(学校敷地内では使用しない、個人情報を簡単に公開しない、SNSの書き込みに注意するなど)


コミュニケーション能力の育成

「三郷高校は、不登校や中途退学など様々な問題の原因となる対人関係を大切にします。」

 ○コミュニケーション能力

   アドベンチャー体験学習
   親になるための学習
   修学旅行での民泊
   日本語検定
   クラスレクリェーション など

 
 ○志と誇りを持つ教育

   志を育む講演会
   がんばったことをほめる取組
   地域に奉仕する社会貢献活動 など