最新情報

1学年 自転車安全運転講習会(生徒指導部行事)

11月8日(火)1学年は自転車安全運転講習会を実施しました。
講習会の目的は、「交通安全意識を高め、交通事故の防止」、「行事を生徒主導で実施し、規範意識を高める」の2点です。

自転車は手軽で、利便性が高く、環境に優しく、健康増進にも有効であり、生活には欠かすことができない大切な交通手段です。自転車安全利用五則、埼玉県道路交通法施行規則、自転車運転者講習制度、埼玉県の交通事故の現状などを学びました。
当たり前のことを当たり前に行動に移していく。高校生として、周囲への思いやりを行動で表現する。そして、事故で高校生活や人生を台無しにしないようにする。
今回学んだことを活かして、被害者にも加害者にもならないように過ごしていきます。

 

以下、生徒のコメントです。

生徒A
「自転車のルールやマナーは、当たり前だけど、できてなくて、事故になる人が多いから、自分もみんなも改めて詳しく学び、事故がもっと減ればいいなと思いました。また、自転車の事故を他人事にせず、自分もちゃんと意識して気を付けなきゃと感じました。」

生徒B
「もう一度ルールを見直そうと思った。埼玉県がワースト5位に入るほど事故にあっていることは知らなかった。その事故にあった人も、あってない人も、もう一度ルールを見直すべきだと思った。1年に1回、自転車の点検をすることも大切だと思った。」

生徒C
「埼玉県内での事故がこんなに多いのは知らなかったので、びっくりした。自分だけが注意していても、相手側がマナーを守っていないだけで事故が起きてしまうがあるので、交通マナーはしっかり守っていきたいなと思った。次に乗るときは、もっと注意していきたい。」
 (講習会の様子) 


(資料1)

(資料2)