最新情報

2014年11月の記事一覧

第3回学校説明会アンケート結果について


雨が降り、お足元が悪い中でしたが、第3回学校説明会にお越しいただき、まことにありがとうございました。この度、学校説明会後に授業公開を行いました。その際に提出して頂いたアンケートの一部を紹介させて頂きたいと思います。

<学校説明会及び授業公開の感想等>

・硬くて厳しい印象でしたが、「学びなおし」の授業があって、部活動でもすごい成績を残していたし、生徒のことをしっかり考えてくれる学校だと思いました。


・怖い人がいそうだったけど、学校説明会に来てから、そんなことなくあいさつがしっかりできていて、自分も見習いたいと思いました。


・勉強ができない人や印象が悪い人が来るところだと思いましたが、学校の雰囲気もよくて、充実した設備、学力などの補習、分からないところも教えてくれることを知ってとても印象がよくなりました。


・勉強できない人が行き、勉強できない人はできないままになると思っていましたが、生徒に対してしっかりと向き合ってくれていると知ったので、さらに受検したくなりました。


・荒れている、怖い人がいっぱいいそうって思っていたけれど、荒れてないし怖い人なんていないと分かって安心した。


・ルールなど基本的なことは当たり前にできていて、何事にも一生懸命頑張る学校という印象がありました。生徒が楽しそうに授業を受けており、先生が案内してくれてよかったです。


・先生が面白くてやさしそうでにぎやかで楽しかった。


・どんな学校かまったく分かりませんでしたが、授業に真剣に取り組んでおり、いい印象がありました。


・来たことがなくて学校のことはわかりませんでしたが、中学校でできなかったことを基礎から教えてくれると聞いて受検
をしたいと思うようになりました。

未成年者喫煙防止キャンペーン

 朝7:30~8:10、三郷北高校の皆さんと、埼玉東たばこ商業協同組合、三郷市たばこ販売促進会と連携し、「未成年者喫煙防止キャンペーン」に参加しました。
 本校からは、ボランティア部と生徒会本部役員が参加しました。
 ポケットティッシュを配りながら、大きな声で未成年者喫煙防止を訴えました。



修学旅行報告

平成26年11月7日(金)~10日(日)の日程で、2年生は長崎方面への修学旅行を実施しました。


2泊の民泊では農林漁業体験と温かい家庭との交流、被爆地長崎市では千羽鶴の献納と平和宣言を行いました。


たくさんの貴重な経験と思い出作りができ、たった4日間でも明らかに成長した姿を見せてくれた生徒たちでした。

第1日 イルカウォッチング、民泊入村式

第2日 民泊による「南島原ふれあい体験」

第3日 民泊離村式、ペンギン水族館、島原城、平和学習(平和公園、原爆資料館)

第4日 グラバー園ほか長崎市内班別研修


 温かい家庭で団らんのひととき

 農業を体験

 平和への願い

 判別研修

 

詳しい記事はこちら

親になるための学習(3年生)

三郷市青少年育成市民会議のファシリテーターに出張講座を実施していただきました。

社会人としての在り方生き方を考える良い機会となりました。

1学年 感動体験プログラム


1年生が、三郷市の緊急用船着場にある花畑でボランティアを行いました!
今回は、シロツメクサとアイスランドポピーの種をまきました。





寒い冬を乗り越え、暖かさが戻ってくる頃にはきっとたくさんの花を咲かせてくれるでしょう。
花畑は武蔵野線の電車内からも見える位置ですので、春になったらぜひご覧ください。

生徒の感想
花の種まきはとても時間のかかることだし、足腰にも負担がかかることなのに、今までは市役所の方が4人だけで作業していたということを聞いて、すごいなと思いました。
同時に、すごくありがたいことをしてもらっていることに今まで気づいていなかったんだと、感謝の気持ちが出てきました。
また、少人数でやると時間のかかることでも、大人数で協力すればあっという間に終わってしまうので、仲間と協力して何かをやり遂げることの大切さも学べました。
来年、花が咲くのが楽しみだなと思いました。

社会貢献活動担当より
公園にある花畑での種まきは、多くの生徒が初めての体験でした。
大胆に蒔く生徒や丁寧に蒔く生徒、裸足で土の温もりを感じながら蒔く生徒など様々でした。
しかし、生徒みんなに共通したことは、いつも以上の笑顔で活動していたことでした。
種を蒔いた畑も春になれば花が咲き、元気に咲く花を見た誰かの笑顔をつくっていくことでしょう。
それが自分の幸せと感じることのできる生徒が一人でも多く育って欲しいと思います。
学校の取り組みとしてではなく、自分の思いとして“誰かの笑顔のために”という生徒がでてくることを期待しています。